前田さん家のスウィートポークは、八王子市緑町にある前田畜産の産地直送精肉店。

自家農場直送、スウィートポークの精肉店
知って得する?豚知識
知って得する?豚知識 アカデミックトークぶーっ。 部位によって肉質が違います。その部位に合った料理をして、よりおいしくいただきましょう。 部位によって肉質が違います。その部位に合った料理をして、よりおいしくいただきましょう。
ネック
豚の首の部分ですね。1頭の豚からわずかしか取れない希少な部位です。もともとは脂身が多く赤身が硬く、主にひき肉に加工されていましたが、最近では脂身の美味しさと、噛みごたえのある食感で、トントロやピートロの名で大人気。おすすめの調理法はやっぱり焼肉です。

かた
肩の肉は運動する部位なので赤身が多い筋肉質。ほどよい脂肪分と濃い旨味が特徴です。やや硬めなのでシチューや豚汁などの煮込み料理、薄切りにして炒め物やポークビーンズに適しています。

かたロース
ロース特有のきめ細かさに、粗い網状に混ざったほどよい脂肪が特徴です。コクがあり、濃厚な味で、カレー、焼き肉、生姜焼き、鍋物、焼豚など、さまざまな調理法に適しています。調理する前にスジ切りするのを忘れずに。

ロース
きめが細かく柔らかく、ふちの脂身にも旨味が凝縮されていて、いちばん美味しいとされる部位です。豚カツやポークソテーの他、しゃぶしゃぶにも適しています。焼豚、ロースハムにも使用されます。

ヒレ
脂肪分が少ないのに柔らかく、きめが細かいのが特徴。ロースと並んで豚肉の中でいちばん良質の部位です。美肌効果があるビタミンB1が最も多く含まれているのもこの部位です。ヒレカツやポークソテーなど、油を使う料理が定番メニューです。

ばら
三枚肉とも呼ばれます。肉質は柔らかく、濃厚な脂肪分が多く、味わい深い部位です。焼肉、鍋物の他、肉じゃが、角煮などにおすすめです。ちなみに、ベーコンはこの部位を使って作られます。骨付きのものはスペアリブと呼ばれます。

もも
脂肪が少なく、柔らかい肉質が特徴の赤身の代表的な部位です。さっぱりとした味わいで様々な用途に適していますが、特にシチューや炒め物がおすすめ。ヒレに次いでビタミンB1を多く含んでいます。ローストポークやボンレスハムなどにも使用します。

そともも
脂肪分が少なく、柔らかな部位です。ももと同様にあっさりした淡白な味で、豚汁、シチュー、角煮などの他に、幅広い料理に合うのが魅力ですね。

知って得する?豚知識 わたしたちの農場案内 前田畜産 店舗案内 前田畜産 会社概要



© 前田さん家のスウィートポーク All Rights Reserved.